>  > 出そうで出ない逆の苦しみ

出そうで出ない逆の苦しみ

お店に入ると、初めてのお店なので、ちょっと緊張しました。すぐに待合室に通され、プレイ料金の支払いを済ませ、暑いコーヒーを飲みながら、期待に胸を膨らませて、5分ぐらいでスタッフにコールされました。女の子は、写真よりも実物のほうが断然良かったです。風俗顔ではなくて一般的な顔立ちのせいか、とてもキュートな感じの自然体の笑顔に胸キュンです。甘えてこられたら、思わずハグしたくなっちゃうような感じでした。プレイルームではお互いに全裸になってすぐのプレイです。洗っていないおまんこ臭を堪能しながらのクンニは最高で、ヌルヌルのおまんこを舐めると、ソープ嬢の声が一層たかまります。相性が抜群に良かったようで、私のちんぽもすごくカチンカチンになってきて、挿入すれば、私のちんぽと女の子のおまんこが完全フィットの状態で気持ち良かったです。きゅっきゅと締める感じを楽しみながら、逆にきつすぎてなかなか発射できないといった逆流の苦しみを感じながらの発射となりました。

[ 2015-07-03 ]

カテゴリ: ソープ体験談